2008年05月20日

屋外避難階段に防犯柵を設置

神奈川県相模原市 2008年5月 設計: (有)A tempo

共用玄関はオートロックで厳重に防犯されていても、マンションには色々と他に入ることが出来る防犯上の盲点があります。

防犯柵 005

写真のような屋外避難階段などは代表的な盲点です。ドアクローザーが付いていて自動施錠となっていても、横から上から入ろうと思えば案外簡単に入れます。

そこで防犯柵です。

防犯柵 011    防犯柵 015

格子の間隔は足が掛からないように狭いものを使います。
見かけ上とても入れそうにない印象を与えることも重要です。

防犯柵 008

設置されるのを待つ格子部材です。

防犯柵 001

                         完成です。


避難階段扉    防犯柵 107

RC屋外階段の出口も乗り越え可能でしたので、上部防犯柵付に取り替えました。

防犯柵 007

ドアクローザーの劣化により閉まらないことが多かったので、新しい物へ取り替えました。
―――自閉/自動ロック式



関連記事:オートロックシステムに潜む防犯上の死角
       ポリカーボネイトのフェンス
       古い万代塀の改修
       高層ビルの手摺の高さは低すぎませんか?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。