2008年03月13日

外壁目地シーリングの打ち替え

東京都狛江市 2008年3月 設計・施工: (有)A tempo

外壁目地シーリングを打ち替えました。

シーリング 008


      シーリング 003

共用廊下やバルコニー手摺の下部の笠木は、下地補修の後ウレタン防水塗料を塗りました。

ところで、狛江市は、粗大ごみの廃棄については有料ですので、バルコニーがごみ置き場と化しています。捨てていただかないとバルコニーの内壁が洗浄・改修できなくなります。マンションの外壁改修・大規模修繕工事では、バルコニーにある品物・ごみをどう片付けるかも大きなテーマです。

   シーリング 002    シーリング 007

この際、捨てられるごみは捨てましょうと呼びかけましたら、廃棄しても良い粗大ごみが集まりました。ずいぶんの量です。
右写真の手前は、捨てられないものの一時預かりスペースです。宅内へ持ち込んでいただく物がほとんどですので、未だ空いています。
共用廊下へも退避できます。

         玄関色 4   玄関色3



関連記事:外壁改修:足場が建ちました。


posted by アテンポ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション大規模修繕工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。