2019年03月31日

駐車場更新工事に伴う代替駐車場の雨溜まり対策

公開空地の公園を代替駐車場として利用しますが、2号駐車場更新時(2017年3月〜6月)には雨天時に雨が止んでも長時間雨溜まりが無くならず降車時に支障がありました。
雨天時.jpg


既存集水桝は、天端レベルが廻りより50mm〜100mm高く、尚且つ砂利等で目詰まりしており機能を果たしていません。数倍程度のコストをかけて駐車場全体に砕石を敷いても公共下水道は敷地内の雨水は負荷対象にしておらず、水捌けについては改善されません。敷地内の雨水は、敷地内で浸透処理しなければなりません。

今回は、投資効果に配慮しつつ(恒久的に駐車場として利用する訳ではない)雨溜まり発生の抑制を目指し、踏み固められている地盤の透水能力を高めることを目的にしています。
下写真は既存集水桝での躓き防止のために掘った土でなだらかにしています。

集水桝.jpg       IMG_0274.JPG

                   ミニユンボで掘り始め 

IMG_0279.jpg

500角×1000h程度で掘り終えた俯瞰

IMG_0281.JPG   IMG_0282.JPG

地中周りからの目詰まりを防ぐ透水シートを挟み砕石で埋めます。


IMG_0285.JPG    IMG_0283.JPG

路盤材で仕上げて完成です。
雨水浸透ホール×4か所は、廻りより少し窪み加減にしています。




posted by アテンポ at 07:45| Comment(0) | マンション共用部設備のリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。