2007年07月02日

エアコン室外機のコイル洗浄とハイブリッドファン

神奈川県横浜市新横浜 2007年6月 実施: (有)A tempo

弊社が建物維持管理をしている事務所ビルで、エアコンの点検とフィルター洗浄を実施しました。

NCRエアコン室外機洗浄3

今回は、室外機のコイル洗浄も同時に実施しています。5年に1回程度の頻度が室外機の熱交換効率維持のために必要となります。フィルター洗浄と相まって、省エネルギー、牽いてはCO2削減に寄与します。

NCRエアコン室外機洗浄1    NCRエアコン室外機洗浄2
室外機コイルをスプレー洗浄中
             NCRエアコン室内機洗浄      NCRロスナイフィルター洗浄

            天井パネル清掃中        ロスナイフィルター洗浄中



ハイブリッドファン1


この事務所の天井カセットには、ハイブリッドファンが採用されています。

カセットからの冷温風が直接人に当たらないため、マイルドな室内気流環境となります。天井面と床面付近の温度差が縮まる為、暖房時20℃、冷房時28℃の設定にしても、快適さを維持できるとされています。
◆ エアコンの直撃風を拡散、解消します。
◆ オフィスの労働環境を改善します。
◆ 冷暖房の温度ムラを攪拌、空調効果が向上します。
◆ 温度設定を1℃〜3℃変更でき、電気代が削減できます。
◆ Co2(二酸化炭素)が削減できます。
◆ エアコンの風力で動くので電気代は一切かかりません
※環境等諸条件で数値は変動いたします。



羽の回転が気になるかと思いきや、以外にも(潮さん、失礼)慣れるとそうでも無いとの事で、評判は悪くありません。シーリングファンのような感じです。

ハイブリッドファン2   ハイブリッドファン3

天井パネルを掃除するためにハイブリッドファンを外しました。



新横浜駅前はただいま駅ビル建造に伴い改造の真っ最中です。

新横浜駅



関連記事:エアコンのフィルター清掃
posted by アテンポ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 建物維持管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 室外機室外機(しつがいき)は、ある空間に何らかの効果をもたらすための設備のうち、当該空間の外に置かれる設備。一般的に、室内機とセットで、戸外に設置されるものを指す。この項では、エア・コンディショナー|..
Weblog: 設備を調べる
Tracked: 2007-09-29 08:45

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。