2007年05月29日

スイング式のオートロックドアは故障がいっぱい

神奈川県相模原市 2007年5月 文責: (有)A tempo

スイング式オートロックドアです。

オートロック扉

このタイプは頻繁に故障します。

特に風の当たる場所や風の通る所に設置してあると、正常にロックされる成功確率が低くなります。
鍵穴が親子扉の子扉に納められている場合は、前後のガタツキにより、さらに成功率が下がります。
1回/1000回失敗しても不良と評価され、クレームとなります。
防犯上も大きな弱点となります。

デッドボルト(かんぬき)が正確にタイミング良く受座(ストライク)に納まる事に信頼性が乏しいのです。ボール!になる確率が残っている訳です。

写真のドアは、風除室の内側ですので、今のところ正常に稼動しています。

サムターンが、完全に水平(ロック状態)にならない場合、居室内からの開錠信号で開かない場合があります。

オートロックドアはスライド式(左右へ開く方式)をお勧めいたします。相当工事費が嵩みますが、スイング式をスライド式へ交換工事をした事もあります。



今日は消防設備の総合点検を実施しました。

共同住宅用自動火災報知設備

写真は、共同住宅用自動火災報知設備の受信器です。小型軽量化が進んでいます。

バルコニーにある避難タラップの昇降試験を行っています。

避難はしご2        避難はしご1



関連記事:事務所ビルの消防設備総合点検
       オートロックシステムに潜む防犯上の死角
       無人でも時々開く自動ドア
posted by アテンポ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 建築に安全・安心を! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

リフォーム ドア
Excerpt: 施工事例>玄関ドアの交換リフォーム世田谷区のYG様邸では、外壁のリフォームに絡めて玄関ドアも新しく交換致しました。もともとのランマと片袖のついた玄関ドアを枠ごと撤去し、新たに高さ2.3mの背の高い親子..
Weblog: リフォーム道場 住まいのリフォーム「マンション編」
Tracked: 2007-07-12 16:23

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。