2015年02月28日

第23回マンション管理士無料相談会スナップ

今日は23回目のマンション管理士会無料相談会です。ボーノ相模大野ユニコムプラザにて開催しています。私が担当したのは,防衛省予算での防音工事にて壁式構造の共用部躯体に穴を開けてしまった管理組合からの相談と上階からの騒音についてのものでした。

スナップ1.jpg


スナップ2.jpg


共用部の躯体に合意形成なしに穴を開けてはいけません。耐震性能に問題がないという人(施工会社)がいれば文書にて保証してもらうこと。鉄筋を切っているところが多数アリ、調査して補強工事をするそうです。サッシを改造するほうが普通のやり方です。
顧問をしている他のマンションのサッシ改造の写真です。

サッシの防音工事.jpg


このマンションはラーメン構造ですが、それでも耐震力に差し障りますので躯体を触ることはしません。ましてや壁構造式であれば、躯体内の鉄筋を切断したりすれば、マンション全体の耐震力低下に直結するものと推定されます。

躯体に開けられた給排気口の写真を撮ってきました。各区分所有者と防音工事施工業者との個別の契約になっているので、開けている住戸と開けていない住戸はバラバラとなっています。躯体は区分所有者の所有物ではありませんから、共用部の変更工事を勝手に契約してはいけません。 

開口.jpg
posted by アテンポ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション管理士無料相談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414807301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。