2007年01月19日

広めのバルコニーをFRP防水

神奈川県相模原市 2007年1月 施工: (有)A tempo

戸建住宅の中庭を増築し、屋上の陸屋根をFRP防水しました。
2.7m×2.7mの広さは、物干しスペースのみならずいろいろな活用が考えられます。

FRP防水0    FRP防水

防水施工前の屋根木下地        FRP防水塗布

FRP防水2

トップコート(紫外線から防水材の劣化を防ぎます)を塗って完了です。

FRP防水塗膜防水の一種で、その一般的特徴は、

1.露出仕様で防水層上の通常の歩行が可能である。
2.速硬化タイプなので、1日で施工を完了させることも可能である。
3.耐磨耗性に優れ、駐車場への適応性に優れる。
4.耐根性、耐土壌性に優れており、屋上緑化防水に最適である。
5.耐水・耐薬品性に優れているため、薬品槽、下水道施設など耐蝕性を要求される分野にも使用される。
等です。
共同住宅のルーフバルコニーの様に、上に物が置かれても、ウレタン防水よりも機械的強度が期待できます。

本バルコニーでは、将来、上にウッドデッキが敷かれる予定があります。

ウッドフェンス

手摺は、ご希望により木製にしました。 
近隣からの視線の遮りと通風を考慮して、1400Hのルーバータイプとし、かなり頑丈に作っています。

ウッドフェンス2

外観です。
増築部分のサイディングは既存と同一の製品としています。
この後目地コーキングして同色で塗装します。
シャッター及びサッシュは既設品を移設して使用しています。



関連記事:既存のサッシュを移設転用
       戸建住宅の中庭を増築
       耐震壁に開口を開けちゃいました 
       階段防水塗装の改修
       住宅にもフロアコンセント
       外壁に新しい出入り口を設置
       屋上防水シートの補修
       屋上防水のメンテナンス
       屋上通気立上り管から雨漏れ
       通気管から水漏れ?
       マンション屋上で耐震上気になる事
       
posted by アテンポ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建住宅の建築リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。