2006年10月13日

事務所ビルにも直結増圧ポンプ

神奈川県横浜市 2006年10月13日 実施: (有)A tempo

弊社が建物維持管理をさせていただいている新横浜にある事務所ビルは、直結増圧ポンプを採用しています。

集合住宅だけでなく、当然事務所ビルでも直結増圧ポンプの採用が増えてきています。今日はそのポンプの定期点検です。

受水槽スペースが不要であることは、敷地の有効利用・建屋の配置計画をする上で大変な効果をもたらします。

その上、受水槽の清掃コストが不要で、より新鮮な水を使うことができます。
停電時も、本管圧力の可能な範囲で給水できます。

ただし写真にありますように、1回/年程度の定期点検は必要となります。

増圧ポンプ1     増圧ポンプ2
                       上からの写真

点検データにより殆ど運転実績のない事が判明しています。運転開始設定圧力:0.2 Mpaに対し、流入圧力:0.7 Mpaです。横浜市は給水圧力が高いようです。おかげさまで、電気代が大巾に節約できます。



関連記事:増圧ポンプへの切り替え工事
       直結増圧ポンプが能力アップ
       受水槽撤去、増圧ポンプ設置
       増圧ポンプの定期点検 共同住宅編
       特例直圧給水方式とは
       増圧ポンプへ切り替えによる受水槽解体
       増圧ポンプへの切り替え工事


ラベル:ポンプ 事務所
posted by アテンポ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物維持管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。