2011年09月16日

自動ドア補助センサーの取り換え

建物維持管理契約している事務所ビルの、エントランス自動ドアの補助センサーを取り換え取替ました。作動頻度により異なりますが、機器の寿命は、7・8年のようです。

補助センサーとは、閉まりかけている時にドア部分に物体があることを感知すると、閉めるのを中止するためのセンサーです。
通常は、方立や壁面に設置して、水平にビームを走らせますが、壁面が斜めなのでドア上部に設置しています。

センサー.JPG


     IMG_1560.JPG
  ただ今取り換え工事中 1時間程度掛かりました。

  人が通らないのに、開いてしまうという誤作動を起こしていました。


     IMG_1561.JPG       IMG_1559.JPG
                 古いセンサーとコントローラー  新しいセンサーとコントローラー 



関連記事:無人でも時々開く自動ドア   
posted by アテンポ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物維持管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226189143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。