2006年05月26日

ホテル冷温水循環ポンプの更新

神奈川県相模原市 2006年5月 撮影: (有)A tempo

ホテル屋上に設置された14年目の冷温水循環ラインポンプ(5.5kw)です。

ポンプの前後にはバルブがあります。
ポンプの左にあるのがバイパスバルブです。

冷温水ポンプ

写真では音をお伝えできませんが、経年劣化(ボールベアリングの磨耗)により、運転音が大きくなっています。

同じラインポンプへ更新するほうが配管が楽なのですが、ホテル客室の近くに設置するには容量が大きいので、床置き型(防振架台付)へ更新することにしました。

ホテルの場合、チェックアウトとチェックインの間でしか空調を停止ことができません。

写真にあるように、ポンプの前後にバルブが1ケづつと、バイパスとバルブが1ヶあるので、これを利用して空調を停止することなくポンプ更新ができないものかと考えました。

・・・が、バイパスとバルブが1ヶは、何の役にも立たない事が分かりました。もうやだ〜(悲しい顔)

何の為のバイパスなのか意味不明です。

という私も、深く考えないでこのように設計した事があるような気がします。

よくありがちな配管ですよね。exclamation&question
 
一般的には、循環ポンプにバイパスは必要ありません。

特にホテルの場合、ポンプセット前後に分岐バルブを設けるのが礼儀です。ぴかぴか(新しい)



関連記事:給湯用加圧ポンプの設置
      ホテル客室の騒音測定
      新しい冷温水循環ポンプの設置



ラベル:ポンプ
posted by アテンポ at 17:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ホテルのリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真の上側にバルブがないってことでしょうか?
ラギングが大きくなっているのは、チャッキなのかな?
Posted by かじゃま at 2006年05月27日 13:22
ポンプの前後にはバルブがあります。
ポンプの左にあるのがバイパスバルブです。
チャッキはありません。
判りにくい写真で申し訳ありません。
Posted by アテンポ中村 at 2006年05月27日 15:32
同じラインポンプへ更新するほうが配管が楽なのですが、ホテル客室の近くに設置するには容量が大きいので、床置き型(防振架台付)へ更新することにしました。
これはどうゆう意味でしょうか?
別の客室から離れた場所に床置き型を設置ということ?
このままラインポンプへの更新で特別問題がないような気がしますが...
Posted by かじゃま at 2006年06月01日 19:34
振動する機器は、重たい基礎の上に防振架台を載せて、それに堅固に固定することが重要です。
ラインポンプがこの設置の仕方に対応して設計されていれば使いたいと思います。
Posted by アテンポ中村 at 2006年06月02日 06:50
5.5KWで口径は80Aくらいでしょうか?
劣化で運転音が大きくなっている以外に、振動音等のクレームはこれまでにあったのでしょうか?
もしないようなら、ラインポンプでの更新で良いと思います。
Posted by かじゃま at 2006年06月03日 13:54
屋上に設置されている給湯ボイラーのバーナー発停音のほか、当ラインポンプの運転固体伝播音が暗騒音としてクレームとなっていました。
関連記事:ホテル客室の騒音測定
http://a-tempo.seesaa.net/article/15070475.html
をご参照ください。
ホテルのお客は深夜に敏感になられるようです。
Posted by アテンポ中村 at 2006年06月03日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。