2006年02月26日

増圧ポンプの定期点検

東京都狛江市 2006/2月点検: (有)A tempo

増圧ポンプの点検.JPG

弊社が建物維持管理している23戸のマンションにて、1年前受水槽と加圧ポンプを撤去して、
増圧ポンプを新設いたしました。

今回、その増圧ポンプの定期点検を行いました。
特別な異常も無く安心いたしました。

増圧ポンプ方式は、低層であればポンプ故障時や停電時も、本管圧力により全面断水しないので、少し安心です。
反面、故障に気がつかない可能性もあるので、定期的な点検が必要になります。

増圧ポンプ方式へ改修するには、建物の瞬時給水量に対応できるだけの地域給水施設と給水本管の能力が必要となるため、水道局での調査・調整が欠かせません。水道局によって戸数の上限等の規制をしていますので注意が必要です。

増圧ポンプセットの中は、立型ポンプ(インバータ方式)が採用されており、これまでの加圧ポンプと比べると非常にコンパクトになっています。
本件の受水槽の跡地はまだ有効活用はされていませんが、未だ受水槽が設置されているあらゆる建物は、土地の有効活用衛生面の向上を図るため、増圧ポンプへの改修が望まれます。



2008年/8月の点検の様子です。

点検 003  圧力タンク(スイッチ)の空気圧を補充する工具です。

点検 004  ストレーナを清掃しました。



関連記事:増圧ポンプへの切り替え工事設計図
       直結増圧ポンプが能力アップ
       受水槽撤去、増圧ポンプ設置
       事務所ビルにも直結増圧ポンプ
       特例直圧給水方式とは
       ホンダ、F1を完全撤退
posted by アテンポ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物維持管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。