2009年12月20日

MAZDAがノルウェーで水素自動車販売

燃料電池車も注目を集めていますが、同様に水素を燃料とする水素自動車の方が有望ではないでしょうか。水素ロータリーエンジンは、水素を直接燃焼させます。
マツダの得意技であるロータリーエンジンは水素直墳との相性が良く、ガソリンとの切替「デュアルフューエルシステム」も可能だそうです。

水素自動車.jpg

『マツダRX-8 ハイドロジェンRE(ノルウェー仕様)』


マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、ノルウェー仕様の水素自動車『マツダRX-8 ハイドロジェンRE』の第1号車を完成させました。同車両はノルウェーの国家プロジェクトHyNor向けに開発されたもので、5月11日にオスロで開かれる水素ステーションの開所式に参加した後、現地での認証の取得やメンテナンス教育などに使用されます。マツダは今後、同仕様の車両を順次生産し、夏以降、ノルウェーでリース販売を開始する計画です。


水素ステーションの普及が重要となってきます。

水素の作り方によっては、CO2を多く発生してしまう欠点や、高圧で液体にしないと貯蔵できない点を克服する必要がありますが、再生可能でクリーンなエネルギーの水素は、太陽光と並んで人類の未来に不可欠なエネルギーなのかもしれません。



関連情報:マツダ、『プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』を山口県に納車

水素自動車山口.jpg

『マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』(山口県納入車)
ラベル:水素自動車 MAZDA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。