2009年11月23日

ゲルハルト・ボッセ≒近衛秀麿

本日、ミューザ川崎で「スコットランド」を聞きました。
指揮:ゲルハルト・ボッセ、オーケストラ:東京アマデウス管弦楽団、でした。

ミューザ川崎.jpg

非対称ワインヤード

指揮者の真横で聞きました。身振り手振りが近衛秀麿さんにそっくりなんです。とても判り易い?指揮でした。
このような人物と対峙すると、未熟な者(自分)は音楽せざるを得なくなります。未熟ではない人は、物足りなさを感じるかも知れません。

スコットランド」は、昨年アンサンブル・メゾンでも聞かせていただきました。
この曲は、今の世相に合っているのでしょうか、最近は頻繁にプログラムされているようです。
この時のオーボエも今日と同じK原千佳子さんでした。ファンの1人です。

この曲は、オーボエにとって弱点を巧みに衝いた難曲のように思えます。(私にとっては)
出だしが嫌味なんです。下のミ(E)をPでスコットランドの情景を思わせる感じで出すには、特別な息の通し方が必要となります。ヴィブラートは上から下ろす事になるかな?

その後次々と弱点を衝いて来ます。好きな曲ですが、嫌いです。

今日の「スコットランド」は心に残るものでした。少し大げさですが、長生きしてよかったです。

ところで、大昔に出演したプログラムにて私の名前が出ていました。懐かしいです。
           >>>>モーツァルト室内管弦楽団 第1回定期演奏会

モーツァルト室内管弦楽団1.JPG    モーツァルト室内管弦楽団2.bmp 旧姓:芳沢 隆 と名のっていました。



関連記事:ミューザ川崎にて東京アマデウス管弦楽団
       巨大な吹き抜けの下は地下鉄ホーム
       パルテノン多摩にてマーラー「巨人」
       木管オクテット


この記事へのコメント
芳沢隆さん。Violinの井上登志夫です。モツ管の第1回演奏会のプログラム拝見しました。なつかしいですね。
Posted by 井上登志夫 at 2013年03月11日 21:38
井上登志夫様、3月3日のアンサンブル・メゾン第30回記念演奏会を聞きました。お元気そうで何よりです。
Posted by 芳沢隆 at 2013年03月12日 07:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。