2009年11月18日

24時間迷惑換気システム

デザインに危険な臭いを感じます。

中間ダクトファン.gif



  複数のメーカーから同様の製品が発売されています。



 正方形箱体のファンの3方向あるいは4方向にダクト接続口が付いています。何れも100φです。

空気の出口は1箇所でその他は吸込み口です。その位置関係が異なる製品を品揃えしています。

出口にはチャッキBOXを持つ製品が多く、外壁のベントキャップへダクトにて繋がる事を期待しています。

このメーカーの期待に応えるには、幸運が重なることが必要となります。その幸運とは、

@品揃えの中から、トイレ・浴室等の位置関係に適した製品が現場に持ち込まれること。
A出口が外壁を向いて製品が取り付けられること。
Bトイレ・浴室等からのダクトが、ミスなくす吸込み口に取り付けられること。

マンションでは、住戸毎に線対称のプランとなる場合が多く、@ABのハードルを全て超えることは、祈るしかありません。

ダクト工は、特別な資格は必要なく、近くにある接続口へダクトを繋ぐ事に躊躇しません。

確認検査員等はその道のプロですから、換気機能上の重大な瑕疵を見逃すわけは無いと思われがちですが、100人中95人程度は見逃していると思われます。

こうして24時間迷惑換気システムが相当の頻度で出現します。

もっとも惨めなパターンは、トイレの空気と外気を吸って、浴室へ送気するシステムです。

この場合、トイレの臭気と浴室の蒸気が居室へ充満し、カビ悪臭にまみれた住宅となります。

住宅としての目的を達することができ無いばかりか、健康上の危険性をも秘めたパンチ力を持つ製品です。

いろいろな方から相談を受けたり、現地で眼にすると、技術者としては凹みます。

この忌まわしき事態を避けるためには、

   @設計時には住戸タイプ毎に吸込み口パターンを指定した機器型式を指定する
   A施工図の入念なチェック
   B施工後の検査の仕方改善


が必要となるでしょう。

高気密住宅になればなるほど被害が拡大します。
現在、結露や黴トイレ臭に悩まされている方は、くれぐれもご注意下さい。



関連記事:結露の原因・・・ダクト中間ファン
posted by アテンポ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築に安全・安心を! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。