2009年02月26日

増圧ポンプへの切り替えによる受水槽解体

加圧ポンプから増圧ポンプへ切り替えましたので、受水槽(約90t)の解体です。

     受水槽解体         解体 001

解体 002

1回/年内面を清掃していますが、結構長年の汚れが付着しているように見えます。

    受水槽解体05     増圧ポンプ 001

    受水槽 002  コンクリート基礎も撤去されさら地になりました。

1回/年清掃し、水質検査を実施していましたが、その費用が節約できます。
本管からの直接の給水はより衛生面で有利です。

非常用の水源として残す意見もありましたが、費用対効果(B/C)を検討の上、撤去する事となりました。

基礎も撤去しますので、跡地は、自転車置場等に転用できます。

ポンプ室のポンプと廻りの配管も解体します。 ポンプ室

   解体 005     加圧タンク  加圧タンクの解体です。


   ポンプ室 002     ポンプ室 001

ガランとしたポンプ室の片隅に、75mmと50mmの増圧ポンプが2SET設置されています。



関連記事:増圧ポンプへの切り替え工事
       直結増圧ポンプが能力アップ
       特例直圧給水方式とは
       事務所ビルにも直結増圧ポンプ
       増圧ポンプへの切り替え工事設計図


この記事へのコメント
一昨日まで、出張でベトナムに行ってました。
今日は海外ボケしながら、ブログ見ています(^^)
また寄らしていただきます。
もちろんブログ応援させていただきますね!!
Posted by ★KEEP BLUE★ at 2009年03月01日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。