2008年06月30日

エコキュートの基礎を施工

神奈川県相模原市 2008年6月 設計・施工: (有)A tempo

オール電化住宅には エコキュートが必要不可欠です。
エコキュートは、
 

      1.貯湯槽
      2.エアコン室外機のような熱交換器
      3.リモコン

から構成されますが、貯湯槽の設置場所は、お湯を使う場所に近接していることが、湯カランを捻ってからお湯の出るスピード・省エネルギーの面から重要です。

ところが都市部の戸建住宅では、隣地との空地が乏しく、薄型のタイプが重宝します。



ダイキン エコキュート 薄型フルオート EQ37HFTV を選定しました。

daikin-eqfullototype
ダイキンカタログより


フルオートですから、お湯はり・足し湯が自動で可能です。

貯湯槽は重たい(440kg)ので、耐震性を考慮して強固な基礎が必要となります。

隣地  エコキュート基礎1   エコキュート基礎2

既設ガス湯沸し器の隣へ貯湯槽を設置します。

住宅の基礎へ差し筋し、沈下しないようにして強固なコンクリート基礎を施工しています。



太陽光発電に欠かせないパワーコンディショナー(直流→交流)と40A→60A契約にするための分電盤を増設しました。

        パワーコンディショナー2   パワーコンディショナー

増設分電盤


真ん中が増設分電盤で、その下には、太陽光発電装置のリモコンが設置されています。



関連記事:エコキュートの設置とオール電化
       太陽光発電パネルを載せる屋根
       システムキッチンの解体と配管・ダクト
       IHクッキングヒーターと連動するレンジフード
       見直される太陽光発電
       料理がおいしくなる水
posted by アテンポ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 戸建住宅の設備リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ダイキンエコキュート 省エネ大賞受賞記念 もっとe湯だなぁ大賞キャンペーン!
Excerpt: クイズに答えて抽選で15組30名様に当たる!「温泉大賞の宿」旅行プレゼント
Weblog: はがきによる懸賞情報
Tracked: 2008-10-16 20:04

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。