2008年06月29日

ガルバニウム鋼板で屋根葺き替え

神奈川県相模原市 2008年6月 設計・施工: (有)A tempo

勾配の緩やかな、北側のカラーベストには黴・こけが発生して、防水性能は劣化します。

キッチン 015        水洗い2
                        水洗い後

ガルバニウム鋼板の屋根材で葺き替える前に、水洗い(高圧)をしました。
劣化したカラーベストは、撤去するのではなく、新しいガルバニウム鋼板の下で眠っていただくことになりますが、苔と黴は洗い落としておきます。気分が悪いですから。
撤去すると産業廃棄物処理分コストアップとなります。

下地のコンパネが劣化していないのを確認して、撤去しないことをお勧めします。

水洗い

北側と南側で差を感じない程度にきれいになりました。




ガルバニウム鋼板  ガルバニウム鋼板です。

断熱材(発泡ポリスチレン)が張られているので、断熱性能と共に、雨音を防音する機能が加わります。

ガルバニウム鋼板2

写真左手前は、水洗いされたカラーベストです。右は、アスファルトルーフィングを敷いて、貼り始められたガルバニウム鋼板。雪止めを取り付けています。

この上に太陽光発電モジュールが載りますので、色はブラックとしています。

屋根材

完成です。


屋根 (2) Solar Moduleの取付金具を固定しています。

屋根北Before


        北側屋根が見事に化粧直しされました。

屋根北After




関連記事:太陽光発電パネルを載せる屋根
       ただ今、初!売電中!
       太陽電池モデュールの設置

       “あなたのお金が社会を変える”地球温暖化を防止するオカネの使い方
posted by アテンポ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建住宅の建築リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

建築・リフォームのブログランキング.gif        台風 アテンポ・楽天提供のショッピング 

当ブログのサイトマップ     台風各ページはリンクフリーです。

部分参照は(by A tempo)にてお願いいたします。  

関連して損害が発生しても免責とさせて頂きます。